あなたの津軽弁をお待ちしております。
あなたの津軽弁をお寄せください。作品募集は今回が最後です!めざせ!賞金10万円!第30回津軽弁の日 作品募集!

 津軽弁の日では、「津軽弁」による作品を下記の通り募集しています。 入賞者は、10月23日に開催される「第30回津軽弁の日」へのご招待いたします。
 高木恭造賞、牧良介賞には、賞金10万円ずつ贈呈いたします。あなたの身の回りにある、面白く、楽しく、哀しく、せつない「津軽弁」を作品にして送ってみませんか。

 作品募集は今年で最後となります!目指せ、10万円!

【募集内容】

  • 川柳の部応募する
    5・7・5の形式で、津軽弁を使った作品。季語は要りません。
  • 俳句の部応募する
    5・7・5の形式で、津軽弁を使った作品。季語が必要です。
  • 短歌の部応募する
    5・7・5・7・7の形式で、津軽弁を使った作品。季語は要りません。
  • 詩の部応募する
    津軽弁を使った詩作品。800字以内。
  • 体験記の部応募する
    津軽弁に関した作品であれば、文章は津軽弁でなくてもかまいません。800字以内。

【応募内容】

未発表作品に限ります。

【応募規定】

<郵送の場合>

  • 詩の部、体験記の部は、400字詰め原稿用紙2枚までとし、タイトル、名前、年齢、住所、電話番号を明記してください。
  • 川柳の部、俳句の部、短歌の部は、ハガキ1枚に1作品とし、名前、年齢、住所、電話番号を明記してください。

【作品送付先】

〒030-0802 青森市本町5-6-8 TEL.017-735-7372
第30回津軽弁の日 作品募集 ○○の部 係まで

【締切】

2017年9月14日(木)必着

【審査】

2017年9月下旬/審査員:津軽弁の日やるべし会会員による合同選考。

【発表】

2017年10月23日(月)/第30回津軽弁の日において発表。

【諸権利】

出版権、雑誌掲載権、テレビ放映権、ビデオ化権(DVD等を含む)は津軽弁の日やるべし会に帰属し、上記以外の二次的利用に関する権利は原則として主催者と著作者に帰属し、詳細については別途協議のうえ決定する。

【その他】

  • 応募原稿は返却いたしません。必要な方はコピーをおとりください。
  • 応募された原稿に関するお問い合せには応じられません。入賞者には当会から直接ご連絡いたします。
  • 審査結果の問い合わせには応じられません。
  • 一人何作品でもかまいませんが、二重投稿はご遠慮ください。
  • 個人情報については、許可なく他の目的で使用することはありません。詳しくは、「個人情報保護について」をご覧下さい。